フェチの人でもセフレ相手を探せます

「わたしは作業着フェチなんです」と、いきなりの衝撃発言をしたのは、23歳の会社員マナさん(仮名)です。

マナさんは、綺麗めなコンサバスタイルのOL風、とてもガテン系とは縁遠い雰囲気の彼女だが、なぜまた作業着なのでしょう、聞いてみました。

「とにかく、特に真夏の暑い時期、真っ黒に焼けた肌と、あの作業着で汗をかきながら働く姿に、ものすごくエロさを感じるんです。あの格好で、言葉攻めされたらそれだけで…」

…と、ひとりで妄想の世界に入ってしまったマナさん、実は某サイトで、作業着フェチを公表したうえで、セックスフレンドの募集をしていたのです。

「こんなフェチを公表するのは、かなり恥ずかしかったですが、妄想でひとりHするのも限界で…」

そして、とうとう本職が鳶という、マナさんより少し年上の男性と意気投合し、実際に会うこととなったそうです。

もちろん、マナさんの希望で、彼には休日なのに作業着で、愛車のエスティマで待ち合わせ場所まで、お迎えにきてもらうことになりました。

マナさんは、助手席に座っているだけで、もうドキドキが止まらず、これから先を想像して濡らしてしまっていました。

「この作業着の下にチラっと見える、筋肉質な体がもうたまらないんです」

彼も、落ち着かない様子のマナさんに気がつき、車を人気の無い公園の駐車場の隅に停め、そこで激しいキスからはじまりました。

作業着フェチなマナさんのために、彼は一切服を脱がず、代わりにマナさんだけは車内で全裸、この羞恥心がさらにマナさんを、快楽の波のうねりへと引きずりこみます。

マナさんは夢中で、作業着のズボンに手を伸ばし、彼の下半身をほおばり、それでは飽き足らず自ら自分のほうへと…、ふたり揃って絶頂へと達しました。

「最後まで激しく、念願の作業着姿の彼に犯され、最高の気分でした!こんなわたしを馬鹿にせず、楽しんでくれた彼に感謝しています」

マナさんは、思い切って自分をさらけ出すことで、自分にとって最高のプレイを、楽しむことができました。

あなたの隠れた性癖も、さらけ出せば必ず、理解してくれるパートナーとの出会いが、サイトのどこかで待っているはずです。

地方の女の子をセフレ相手として攻略しよう!

精がつく食べ物として有名な「牡蠣」。
ゴツゴツとした堅くいびつな形の貝殻の中には、ふっくらとジューシーで肉厚の身。
まるで広島で出会ったオンナのようです。
ガードが堅くなかなか開くことのできない彼女は、一度開くと弾力のある肉厚なアナが、俺のいきり立ったムスコを包み込む。
最初の硬さとは裏腹なドスケベで、男なしでは生きていけないだろうと思わせるオンナでした。
そんな広島のオンナを探したいと思うなら、インターネット、広島の牡蠣と一緒にずらりとスケベなオンナが出てきます。
エッチの時に必要な牡蠣は、味だけでなく表情も重要な要素ですから、ネットで探すなら、牡蠣のようなアソコを持ったオンナを探しましょう。

さて、好みのオンナを見つけたら、早速メールでアプローチを開始します。
ここで焦りは禁物、エッチの場面はいったん頭から話して、オンナの心を揺るがすようなメールを作り上げましょう。
ここでどれほど本来の目的であるエッチから離れて紳士的になれるか次第で、牡蠣ばかりでなく真珠に出会える可能性だってあるんです。
さて、紳士的なメールをやり取りして、貝のワレメが緩み始めたら、そこで始めて本来の目的「セックスフレンド」の合意について、交渉を始めます。
貝は十分に開く準備はできていますから、あとはムスコが欲しがっている気持ちを相手に伝えればいいのです。
あとはムスコに美味しい牡蠣のソースをたっぷり吸わせて上げるように、情熱的にアピールしましょう。
さあ、苦労して味わうことができる牡蠣は、どんな味がしますか?

地域性があるのでそこにあった戦略で

人間の気質なんて、人それぞれだろうと考える人も多いようですが、実は地域性というのは色濃くあって、特に富山県の女性に多いのは「ケジメをはっきりつけるタイプ」です。
これは男女に共通して言えることなのですが、富山県民の気質が、白黒をはっきりつける、YES/NOが実に明確です。
これは日常生活全般に於いてそうなのですが、セックスフレンドを作ろうという場面でも、その気質を伺い知ることができます。
ネットの出会い系サイトで富山の女性と知り合った時、最初はもちろんメールから始まります。
お互いに情報をやり取りして、そろそろデートしようか?と切り出した時、私の中では、すっかりYESの返事が貰えるものだと思っていました。

しかし、彼女からは意外にも「そんな気はない」とお断りが…。
彼女の事は気に入っていましたが、その断り方があまりに潔かったので、後追いしても時間の無駄だと思い、次の相手を探すことにしました。
YES/NOがハッキリしているということは、YESの返事を貰った時には、相手もハメられることを了承したと考えていいでしょう。
もしあなたが富山オンナとセフレになろうと努力している最中で、YESの返事を貰ったとした、即ハメの環境作りに励みましょう。
環境さえ出来上がっていれば、あとは彼女を迎えに行けば、完全にムスコは満足できる状態になれるはずです。
富山オンナのYESやOKは「ハメてもいいよ」のサインだということなのですね。

キャバクラからセフレを探す方法

キャバクラは、お客として楽しむと憩いのひと時が堪能できますが、実際のキャスト、いわゆるキャバクラ嬢たちは、複雑な人間関係を賢く立ち回っています。

キャバクラには、お得意様というシステムがあります。
お得意様とキャストの女の子との間に、お客様と従業員という関係から一線を踏み込んだ関係が存在するということです。
No.1などと称される人気のキャストの女の子であれば、こうした関係を結んでいるお客が複数いて、彼らがスポンサーとして、女の子のお店からの評価や給与を高めています。

こうしたシステムのなかで、キャストの女の子は必死にスポンサーをつなぎとめているのです。
特に親密なお客様とは、カラダの関係に発展している場合もあるといわれています。
しかし、そうした部分は他に露見してはイメージダウンなどのマイナスに働きかけてしまうので、それを態度に表すことなく仕事をこなしています。
お店によっては、そうしたお客様とのカラダの関係を禁止している場合もあります。
しかし、キャバクラでひと花咲かせたいのであれば、スポンサーの数を増やすということは絶対に必要になってきます。
ですから、手練手管で、キャストの女の子たちは日夜奮起しているのです。

親密な関係であることを表向きには露見させず、しかし営業材料として利用する、こうした切り替えのうまさが、キャバクラでの自分の質を高めます。
ですから、キャストの女の子にとっては、セックスフレンドという関係を上手に利用しながら、頭脳プレイを持ってして、お客様を相手に自分の仕事に磨きをかけているのです。

目的にあった出会い系サイトを見つけることで簡単セフレ探し

雑誌などにも広告が出るようになったので、出会い系サイトというものがあり、そこでどんなことが行われているのか、全く分からないという人も少なくなっているのではないかと思います。
でも、出会い系サイトが登場した当初は、そこを利用する人たちは買春・売春目的だと思われていましたし、実際にそういう男女が利用していたのも確かです。
また、セックスをするためだけの友達を作りたい、という男性も多く利用していたので、そこに登録する女性もまた、セックスが目当てで登録しているんだと思われていました。

昨今は、真面目な出会いを求める男女が利用できるように、婚活専門・恋活専門出会い系サイトも登場していますし、より割り切った相手を探しやすいように、最初からセフレ専門と目的をはっきりした出会い系サイトが多くなりました。
そのように目的などで分けられるようになった出会い系サイトは、ネット上にたくさんあって、初心者でも利用しやすいようにと、目的別出会い系サイトの紹介をするサイトや、上手に利用するための出会い系サイト攻略サイトまで出てきています。
出会い系サイトでよくあるトラブルを紹介し、対策を公開するサイトまでも登場していますので、必然的に優良な出会い系サイトというのも登場するようになりました。
もちろん、「うちは優良」と言うのはサイト運営側自らですので、必ずしも優良でないところもあります。
ですので、悪質な出会い系サイトに引っかからず、どうやって優良な出会い系サイトを探せばいいか、二つの出会い系サイトの見分け方を詳しく解説したサイトもあります。

このようなサイトをうまく利用し、目的にあった出会い系サイトを選ぶことで、出会い系サイトを利用する目的として一番多い、セックスフレンドを上手に探せるようです。

大人の関係なので相手を割り切るのが大事ですよ

kCAvp03xOw31Nセックスを目的とした友だちやサークルがあると聞くと、違和感を感じる方も多いでしょうね。しかし、セックスがしたいが為に不倫に走ると言えば納得できるのではないでしょうか。
その場合、不倫相手はセックスフレンドということになるのですが、フレンド、いわゆる友だちとは言え、堂々と紹介できる関係ではありません。
不倫相手はもちろん、セックスフレンドもパートナーにしてみれば許せない存在ですから、秘密裏の関係です。

しかし、セックスフレンドを作る人は、セックスに対する欲望と興味がセックスフレンドの存在を肯定的に捉えています。
妻や夫には秘密の関係内緒でするセックスは、スリルがあり、ゲーム感覚のようなワクワク感を感じると言います。
セックスフレンドを作ったり、不倫をする男女は、自分が既に持つパートナーにはないものを、相手に求めていると言います。それがプラトニックな関係なら、パートナーに知られてもさほど大問題にはなりません。

しかし、その目的がセックスである限り、堂々と存在を認めることはできません。
ここまでは不倫とセックスフレンドの相手を、セックスの相手として扱ってきましたが、正確に言えば不倫相手とセックスフレンドには大きな違いがあります。

セックスフレンドとの関係には、愛情などの感情が全く存在しませんが、不倫の場合は気持ちが揺れて、最悪の場合は家庭を崩壊してしまう危険もあります。
どちらも「大人の関係」ですが、感情的に割り切れない不倫をする場合は、ある程度の覚悟が必要なのかもしれません。

セフレ関係でも心がつながる関係に

そもそも、友達という言葉の意味を正確に説明できますか?
もちろん辞書などを調べれば堅苦しい言葉で数文字の説明が書いてあるのでしょうが、たかだか数文字で説明しきれるほど、友達という存在は単純ではないのです。
友達ですら単純ではないのに、それよりももっとあいまいな関係であるセフレという関係は、いざ人から説明を求められてもほとんどの人が反応に困ってしまうでしょう。

だいたい、同じセックスフレンド同士でも、状況や付き合いの長さ、さらにお互いの心の持ちようによって関係の捉え方が違うのです。
ある人はそのセフレとの関係をとても楽しく大切なものに思っていても、また別のある人にとってはそれほど重要ではない、どちらかというと暇つぶしのような関係だという場合もありえるのです。
付き合いを始める前の段階である程度そのあたりの価値観の違いについては話し合っておくべきでしょうね。

セックスフレンドとの関係はあくまで、身体との関係の部分ばかりが強調される関係ではありますが、それでもなお時間を重ねるごとに、その関係が心の部分で色濃くなっていくという事は考えられます。
心でつながる関係が称賛されるくらいなら、身体を求めてつながり合うセフレの関係があってもなんら非難されるべきではないという事を、やはり主張しておくべきかもしれませんね。
難しい問題ではありますが。

このページの先頭へ